ネズミが出る家の特徴3つ。危険性や追い出し方法も解説します

ネズミが出る家の特徴

「家でネズミが出るけど、なんでウチにいるのかわからない…」

と思っている方。

実は、ネズミは侵入する家を選んでいます。たとえあなたの自宅にネズミが出ていたとしても、お隣さんには出ていないことも。

これから2度と家でネズミとはち合わせしたくない方は、ネズミが出る家の特徴をおさえて効果的なネズミ対策をする必要があります。

とはいえ、ネズミが出る家と出ない家の違いはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では以下の順に、家にネズミが出る場合の対策についてご紹介します。

  • ネズミがいる家の特徴は3つ
  • 家にネズミがいると危険?起こる被害とは
  • ネズミを家から追い出す方法
  • ネズミが自然にいなくなることはあるのか?

「ネズミってすばしっこくてすぐ隠れちゃうし、対策は難しそう…」と思うかもしれませんが、ネズミが出やすい家の特徴をおさえるだけならハードルは高くありません。

まずはこの記事で、自宅のどこを対策すればネズミを追い出せるのか、大まかに把握することからはじめてみましょう。

\ 当サイトからの申込が多いネズミ駆除業者TOP3 /

※どの業者も調査や見積りは無料で、見積もり後の追加請求もありません。
▼再発させたくないあなたに
【1位】 ハウスプロテクト《10年以上の経験&技術力No.1!》
対応エリア:関東・関西・東海・中国・四国・九州

▼安く駆除したいあなたに
【2位】 ホームレスキュー《最安値No.1&最長10年保証つき!》
対応エリア:関東・関西・愛知県

▼初めての駆除で不安なあなたに
【3位】 害獣駆除110番《東証一部上場&信頼性No.1!》
対応エリア:日本全国

ネズミがいる家の特徴は3つ

ネズミがいる家は、以下3つの特徴があります。

  1. 侵入口がある
  2. エサがある
  3. 隠れる場所がある

1. 侵入口がある

ネズミが出る家には必ず侵入口があります。

「ネズミが家にいる=外からネズミが侵入できるルートがある」と思って間違いありません。

家にいる代表的なネズミ3種類の侵入経路は以下の通り。

侵入口/種類ハツカネズミクマネズミドブネズミ
ブレーカー×
エアコン×
換気扇、通気口×
屋根、壁のスキマ×
床下×
排水口、下水×
雨どい×

「え!?こんなところからも入れちゃうの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ネズミは10円玉くらいの大きさのスキマがあれば、すんなり入れてしまうのです。詳しくは「ネズミの侵入経路まとめ。ルート別の対策、ラットサインの見分け方まで紹介」をご一読ください。

2. エサがある

ネズミに限らずですが、すべての動物は食べ物がある場所を好みます。

「ネズミのエサなんて置いてないけどなあ…」と思うかもしれませんが、以下のようなことに心当たりはありませんか?

  • お米やお菓子を袋のまま置いている
  • 生ゴミの袋を外に置きっぱなしにしている
  • 農作物をダンボールに入れたままにしている

ネズミにとって、これらのものはごちそう以外の何物でもありません。

そのため、ネズミを家に入れないためにはこれらも含め、すぐに食べられる食べ物がない状態を目指す必要があります。

3. 隠れる場所がある

ネズミは物陰に隠れることで外敵から身を守ります。

すなわち、隠れる場所を与えてしまうと、ネズミは居心地がよくなってしまうわけです。

例えば家の周りに植木鉢や切った草木などを置いている場合。そこが一時的な隠れ家になり、「こっちに食べ物がありそうだ!」とニオイにつられて家の中へ入ってきてしまいます。

ゆえに家の中も外も、できるだけものがなく整理された状態を保つことが、ネズミ対策につながるのです。

家にネズミがいると危険?起こる被害とは

実は家にネズミがいると、思いの外たくさんの被害が起こる可能性があります。

具体的には以下3つです。

  • 健康的な被害:ダニ、感染症、アレルギーなど
  • 精神的な被害:騒音、不潔感、恐怖など
  • 経済的な被害:食害、漏電、火事など

健康的な被害:ダニ、感染症、アレルギーなど

ネズミは下水道なども通っているため、ダニなどの害虫や病原菌を体にまとったまま家に侵入してきます。

すると、以下のような被害にあうことも。

  • 体がかゆい…
  • くしゃみが止まらない…
  • お腹が痛い…

「たかがネズミだから」と放っておくと、大切な家族が苦しむことになります。

そのため、今すぐ駆除に動き出す必要があるといえるのです。

精神的な被害:騒音、不潔感、恐怖など

ネズミが天井裏に入ると「トタタタタ…カリカリカリ…キーキー」のような騒音が夜中じゅう部屋に響き渡ります。

我が家でも天井裏にネズミがいた時期は、天井裏が夜のあいだずっと運動会のようになっていたこともありました。

するとうるさくて眠れなくなり、また「ネズミが落ちてきたらどうしよう…」のような恐怖も生まれます。

食べ物をかじられていると「他の食べ物も実はネズミがかじってるんじゃないか…」と気が気でなくなることも。

いつどうなるかわからない恐怖を取り除くためにも、できるだけ早くネズミを駆除したいところです。

経済的な被害:食害、漏電、火事など

食べ物やケーブルをかじられると、経済的な被害を受けることも少なくありません。

ひどい場合は、電源コードをネズミにかじられて、そこからホコリなどに引火して火事になってしまいます。

ネズミを放置したばかりに家が燃えてしまっては、悔やんでも悔やみきれませんよね。

結局は今すぐネズミ対策をしていくことが、被害が少なく費用もかからず最も経済的なのです。

ネズミ被害についてさらに詳しくは「ネズミの被害まとめ。見分け方や対策まで紹介します」をご覧ください。

ネズミを家から追い出す方法

ネズミを家から追い出すには、以下5ステップで動く必要があります。

  1. ネズミの通路を調べる(ラットサインを探す)
  2. ネズミ駆除の計画を立てる
  3. ネズミ駆除の作業をする
  4. 駆除後にネズミが侵入してないか調べる
  5. 新たな侵入があれば対策する

とにかくネズミの侵入口を探さないことには、自分で駆除できるのか、業者に駆除してもらう必要があるのかなど、計画を立てることができません。

そのためまずはネズミがどこから家に入っているのか、通路を探すところからはじめてみましょう。

自力で追い出す方法について詳しくは「【保存版】自分でネズミを駆除・対策する方法。5ステップで解説します」をご一読ください。

ネズミが自然にいなくなることはあるのか?

「ネズミって何もしなくても自然にいなくなるんじゃないのかな?」と思うかもしれませんが、あなたがその家に今まで通り住んでいると、ネズミが出ていく可能性は低いです。

なぜなら今あなたの家はネズミが好む「侵入口・エサ・隠れ家」の3条件がそろっているから。

もしあなたが引っ越してエサがなくなると、出ていくこともありえます。

しかし住んでいる以上食べ物は買いますし、今まで通り置きっぱなしにしていたら、それはネズミにとってごちそうでしかありません。

ゆえに今の状態でネズミが自然に出ていくことはなく、駆除や対策をしていく必要があるのです。

家でネズミを見つけたら早めの対策を!

ここまでネズミが出る家の特徴や、ネズミの危険性、駆除方法などについて紹介しました。

おさらいすると、ネズミが出る家の特徴は以下3つです。

  1. 侵入口がある
  2. エサがある
  3. 隠れる場所がある

家でネズミを見つけたら、最も被害が少なく、駆除費用が安く済むのは「今すぐ対策すること」です。

今この瞬間が一番ネズミの数は少なく、フンなどの被害も最小限なので、まずは侵入口を探すことからはじめてみてください。

もし「自分で駆除するのは怖いし再発が不安…」とお悩みであれば、駆除業者を利用するのがおすすめです。

当サイトおすすめのネズミ駆除業者は「ネズミ駆除業者おすすめランキングTOP10!失敗しない選び方、費用や口コミまで徹底比較」をお読みください。

この記事がネズミ被害で悩む方の力になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました